生活・住まい

引越し費用の相場は?一括見積もりをする?安くするコツは?

更新日:


引越しが決まったら、引越し業者を選ばなければなりませんが、広告やウェブサイトにははっきりとした金額が提示されていないので、同じようなサービスでどの会社を選べば良いか迷いますよね。

一回の引越しで数万円から十数万円までもの費用がかかりますので、少しでも安く済ませたいものです。

引越し業者の営業マンに強引に押し切られて、よくわからないまま契約してしまわないように、前もって対応策を準備しておきましょう。

スポンサーリンク

引越し費用の相場は?

2~3回ほど引越しを経験すれば、自分の荷物を移動するのにどれくらいの費用がかかるのかは大体わかるようになりますが、社会人になって初めての引越しだったり、経験のない遠距離引越しだったりすると、全く相場がわからないですよね。

宅配便にはサイズごとに金額が定められているのに、引越しになるとどの会社も金額の表示がありません。

引越しの料金は繁忙期やその時の予約状況、荷物の量と運搬距離によって大きく変わってきます。

繁忙期と閑散期では3倍近く金額が変わってきます。

荷物が増えればトラックのサイズが上がり、距離が延びれば当然交通費や人件費などがかさみます。

引越し業者が簡単に金額を表示できないのはこのためです。

同じ2LDKの4人家族だったとしても、実際に訪問して家財を全て確認しないと見積もりを出せません。

家族によって家財の容量はかなり違います。

日にちや時間の指定があれば、その分料金も高くなります。

例えば、閑散期に市内で時間指定なしだと、夫婦2人分の荷物で4万円~5万円位でしょうか。エアコンの移設があれば数万円高くなります。

繁忙期に都心から海を越えて他県へ移動するなら、夫婦2人で30万~40万位というように、状況によって金額が大きく変わります。

まずは、数社に見積もりを取りましょう。

引越しの一括見積もりをする?

最近では簡単に引越し業者の一括見積もりができるサイトが沢山でてきています。

デメリットはネットで見積もり依頼した途端に、夜中でも電話がかかってくるなど、各社からの電話がうっとうしく感じるところです。

しかし、自分の引越し料金の相場を知るためには最も簡単な方法です。

ある程度の相場を知っていなければ、交渉ができません。

何も知らなければ営業マンの言いなりです。

自分で引越し会社を選んでから連絡をするのも、それぞれの会社に見積もり依頼の連絡をするのもアリです。

一括見積もりをすると、矢継ぎ早に各社から訪問見積もりの日程調整の連絡が来ます。

訪問見積もりの際に気を付けることは・・・

どんなに安くても、どんなに強引でも1社目では契約しないこと
必ず他の引越し業者と比較しましょう

もしも2社が同時に到着してしまっても、同時に見積もりを取っても大丈夫。
むしろ安くなり好都合です。

スポンサーリンク

引越しの際の荷物の紛失や家財の破損は意外と多いので、保証内容と作業時の壁や床を保護する養生について確認しておきましょう。

当日に追加料金が発生する可能性を確認しましょう。

営業マンは「今すぐ契約してくれるなら、さらに安くできます」「上司に電話してさらに安くしますから、今すぐ決めて下さい」「他の業者の訪問見積もりを断って下さい」などと迫ってくる場合もあります。
前もってわかっていれば、特に焦る必要もなく、自分が納得できる選択をすれば良いだけです。

大体の相場がわかっていて、信頼できそうな会社であればその場で契約するのもアリですし、まだ他の会社と比較したのであれば「即決はしない、家族と相談する」などと言って断って下さい。

断ったつもりでもあいまいな態度でいると、営業担当者はしつこく居座ったり、何度でも電話をかけてきたりしますので、はっきりと意思表示して下さい。

訪問見積もりをしないで、電話やメールだけで見積もりを出す会社は要注意です

あとからトラブルが起こりやすくなります。

引越しを安くするコツ

はっきり言って、安いだけの引越しは危険です

安さばかりをうたう会社を選ばずに、前もって自分自身で情報収集をすべきです。

実績のある会社や、評判の良い会社が理想ですが、少なくとも口コミが非難ばかりの会社はやめておいた方が良いでしょう。

数万円安く引越せても、家財の損害などであとからその何倍ものお金がかかることになってしまうかもしれません。

最低限、損害賠償保険の内容と壁や床の保護対策の有無、追加料金の有無を確認しましょう。

そのうえで、最安値の業者を選べば、最悪の事態は防ぐことができるでしょう。

見積もり価格をさらに安くするには・・・

1.意中の会社に見積もりの中で1番安い金額を提示する

2.もう少し安くならないか?と聞く

→「午後のフリータイム便なら・・・」
→「段ボールをリサイクル品にすれば・・・」
→「予約が無い平日なら・・・」
などといくつか提案してくる。提案がければこちらから提案する。

3.なんとかもうひと息!とお願いする

→担当者なりの提案で少し下がる。

4.うーんもうひと頑張り!とさらにお願いする

→「上司に電話してみます」「今決めてもらえるなら・・・」

5.ここまでくると、「じゃあいくらなら契約してくれますか?」と聞かれるかもしれません。

→自分が納得できる金額を言えば、その金額と最後の提示額との間くらいまで下がる可能性もあります。

実際にトラック数台と大人数人が出動し、交通費、保険料などが発生するのですから、その部分は考慮して価格交渉するのが無難です。

まとめ

引越しの相場は千差万別で、いくらと言うことが難しいです。

数社に見積もりを依頼し、相場を見極めたうえで交渉することができれば、納得のできる引越しの契約につながるでしょう。

安いだけの引越し業者は要注意です。引越し後に冷蔵庫やエアコンが使えなくなっても保証してくれない可能性をイメージしてみて下さい。結局余計な出費になりますよね。

あくまでもそのような可能性があるという仮定のお話ですが、他人事ではありません。

トラブルを未然に防いで、気持ち良く引越しを終えましょう!

スポンサーリンク

-生活・住まい
-

Copyright© 日々のはてなに答えるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。