生活・住まい

猫は環境の変化がストレス?引越しでパニック?対策は?

更新日:


猫と一緒に引越しをして、色々とトラブルになることがあります。

逃げて迷子になってしまったり、全く餌を食べなくなったり、凶暴になったり・・・

猫の中でも、臆病で人見知りの強い子は、引っ越しの際のストレスが原因でトラブルを起こしやすいでしょう。

そんな神経質な飼い猫の不安を少しでも解消してあげるために、猫との引越し対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

猫にとって環境の変化はストレス?

「猫は人ではなく家につくものだ」とは良く聞く言葉だと思います。現代の猫は人についているなんていう意見もありますが、実際にはどちらも大事なんだというのが猫の意見ではないでしょうか。

家につくと言われるのは、猫がテリトリー(なわばり)を持つ生き物だからです。

猫は毎日自分の居場所に匂いをつけて、自分のテリトリーであることを主張する動物なのです。

オス猫が尻尾を立てて壁などに向かってスプレー(おしっこ)するのは、強い縄張り意識からの行動ですし、スプレーをしないメス猫でも身体から出るフェロモンで自分の縄張りを主張しています。

そして人につくというのは、猫は変化を嫌う動物だからです。見知っている家族以外の人間が自分のテリトリーに入ってくるのを嫌いますし、いつもの生活のルーティンが変わってしまうことも嫌がります。

猫は自分の生活環境が変わってしまうことを極端に嫌い、同じ場所、同じ時間、同じ人、同じ生活が大好きなのです。

その大切な生活リズムが変わってしまうと、極度に不安になったり、イライラしたり、体調が悪くなってしまったりするのです。

自分の居場所が奪われ、見知らぬ人が出入りする引越しが、猫にとって最大のストレスになると言われるのは、このような理由からです。

猫は引越しでパニックになる?

猫は引越しの衝撃でパニックになってしまうかもしれません。

特に普段から人見知りが激しく、神経質で臆病な子は、引越しの騒々しさや、見知らぬ作業員の存在、自分のテリトリー以外へ連れて行かれる不安で押しつぶされそうになっていることでしょう。

震え続けたり、引きこもって何日も出てこなくなったり、水も餌も喉を通らなくなってしまう姿を見るのは、飼い主も辛いですよね。

強いストレスで突発性膀胱炎になってしまったり、持病が悪化する可能性もあります。

引越しの途中で、ドアや窓が開いたときに反射的に逃げ出してしまい、帰ってこられなくなるというのもよく聞く話です。

引っ越しの際には猫の安全をしっかりと確保しつつ、ストレスが少しでも軽減されるよう配慮が必要です。

他の人からみたら、猫一匹にそこまで気を遣わなくてもと思われるかもしれませんが、猫も大切な家族の一員です。

スポンサーリンク

たかが引越しと思わずに前もって対策を準備しておくべきでしょう。

猫の引越し対策

猫の安全を守る

猫を連れて引越しする時の基本は、元の家でも新しい家でも猫のための1部屋を用意することです。

引っ越し前には一つの部屋を前もって空にしておき、そこに猫を待機させておくことで、作業員と顔を合わせることもありませんし、間違って外に出てしまうことも防げます。

部屋がなくても脱衣所のような場所でも良いでしょう。その場所に、猫のトイレと水、キャリーケースやいつもの寝床、いつもの敷物などを置いておきます。

鍵があればロックし、無ければ張り紙をして猫がいるから絶対に開けないように示しておきます。

搬出を終えた作業員が退出したら、玄関のドアをしっかりと閉め、窓が開いていないか確認してから、猫をキャリーケースに入れて新居へ向かいます。

新居に着いたら同じ要領で、まずは猫を置いておく場所をつくり、そこに猫のトイレと飲み水、親しみのある寝床やタオルをおき、猫を入れたら鍵か張り紙をします。

もしも脱衣所なら洗濯機を置くでしょうから、一番最初に洗濯機を運び入れておいてもらい、搬入終了まで開ける必要が無いようにしましょう。

搬入が終わって作業員が退出したら、全てのドアと窓が閉まっているか確認して、猫がいる部屋の扉を開けましょう。

猫が新居に慣れるのを手伝う

猫は新居に自分の匂いが無く、知らない匂いが漂っていることで、不安を感じています。

飼い猫の代わりに、家中に匂いを付けてあげましょう。

まずはやわらかい布を用意しておいて、猫の口の周りや顔を優しくこすって、顔から出るフェロモンを布に集めます。

次に、部屋中の家具やドア、壁などの猫の目線の高さにこの布をこすりつけて、飼い猫の匂いをつけていきます。

一番最初に置いておく部屋にも前もって匂いを付けてあげるのがおススメです。

こうすることで、見知らぬ場所だった新居が自分の匂いで満たされていき、ここは危険ではなく安心できる場所だと感じ、猫の警戒を解くのに役立ちます。

猫が新居を自分のテリトリーだと認めて安心すれば、自分自身で頭や身体を家中のコーナーやドアなどにこすって歩きます。

この行動がみられるまで毎日、猫の代わりに家中に匂いをつけてあげて下さい。猫は新しい匂いを重要視します。毎日つけてあげて下さい。

また、引越し後に家中を一度に解放せず、1部屋になれたら2部屋、慣れたらまた1部屋というように少しずつ新しい部屋を解放するようにした方が、臆病な猫には効果的です

大切なのは、元の家と同じ物、(できれば)同じ配置、同じ匂い、同じ生活リズムです。

引越しを機にリフレッシュしたい気持ちは抑えて、変化を嫌う猫ちゃんが気合って新しい環境に慣れるまでじっくり付き合ってあげて下さい。

まとめ

引越しは環境の変化に弱い室内飼いの猫にとって、トラウマになりえる大きな出来事です。

それぞれの猫によって性格も違いますので、飼い猫のことをよくわかっているあなたが状況を見て対処してあげて下さいね。

極端に臆病な子の場合はかかりつけの獣医さんに相談するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

-生活・住まい
-,

Copyright© 日々のはてなに答えるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。