年中行事

義理母へ母の日のプレゼント!メッセージは?喜ばれるのは何?

更新日:


5月の第2日曜日は母の日です。義理のお母さんへのプレゼントに悩んでいませんか?

定番のお花にするべきか、気のきいた小物にするべきか、予算はどれくらいか等々・・・

義母への贈り物を選ぶ際のポイントを自分の体験談を交えて、嫁の立場からご紹介します。

スポンサーリンク

義理母へ母の日のプレゼントは?

義理の母へのプレゼントは嫁として大変気を使うものです。結婚して、義理の娘になったわけですから、母の日には感謝を込めて贈り物をするのが一般的ですよね。

しかし嫁と姑という微妙な関係であることから、ちょっとしたトラブルになる可能性も秘めています。

せっかく選んで購入したプレゼントに対して「あまり好きではない」「違うものが良かった」などと、大人げない発言をする姑もいるようです。

また、義理母の息子であるご主人の方針によってもプレゼントの形は違ってきます。

嫁が前もって何を贈るか下調べをし、夫に了承を取り用意するというのが大多数ですが、母の日に何も贈りたくないという男性もいますし、自分で選びたいという男性もいます。

一緒に買い物に行っても、贈りたい物が一致しないことが多いですが、夫が決めるか妻が決めるかは、それぞれの家庭で裁量権がどちらにあるかで変わってくるでしょう。

我が家の場合は、夫はちょっと珍しいものや変わったものをプレゼントしたいようですが、嫁としては予算を考えつつ使える物やアレンジメントフラワーなどを贈りたいところです。

母の日のプレゼントのランキングなどを見ると、スイーツや食事、お花やファッションなどが上位を占めています。

最近はネットで色々なお店の特選スイーツが購入できますから、いつもよりも少し高級なお菓子をプレゼントされて喜ばない人はいないでしょう。甘いものが嫌いでないことは前もってリサーチしておいて下さいね。

家族そろっての外食をプレゼントするというのも喜ばれるでしょうが、人数が多いと少し出費がかさむかもしれません。

ファッション小物やカーディガンなどを選ぶ人も意外と多いですが、義理母の好みをあまりよく知らない状況でこれを選択することはお勧めできません。「趣味ではない」「使わない」「捨てることもできず困る」という結末になりやすいです。

日ごろ仕事が忙しかったり、体調が悪くてプレゼントを選ぶ余裕がない時などは、とりあえずアレンジメントフラワーがおススメです。

花束は花瓶を用意したり、活けたりする必要がありますが、アレンジメントフラワーはすぐに飾れて手間がかかりません。一週間ほどで跡形も無くなり、良い思い出だけが残ります。

「花はいらない」と言われない限り、お花を贈っておけば間違いありません。

ブリザーブドフラワーも数多く売られていますが、貰った時は嬉しいですが後の処理に困ります。永遠に枯れないので捨てることもできず場所をとります。

1年に一度の母の日ですが、場合によっては誕生日やクリスマスなど、他の記念日にもプレゼントが必要になる可能性もありますから、あまり最初からハードルを上げずに始めるのが良いでしょう。

家計に見合った予算で、ちょうど良いプレゼントを用意して、感謝の気持ちを伝えましょう。

義理母へ母の日のメッセージは?

メッセージは必ず添えましょう。面倒臭いからという理由だけで実行しないのはもったいないです。

どんなプレゼントを選ぶかということよりも、一言添えてあるということの方が重要です。

スポンサーリンク

例えば・・・

・いつも美味しいご飯をありがとうございます
・いつも気にかけて頂きありがとうございます
・いつも良くして頂き感謝しています
・体に気をつけて元気に過ごして下さいね
・いつまでも笑顔が素敵なお母さんでいて下さいね
・これからも色々教えて下さいね

等々。ほんの数行でも気持ちがこもっている印象を与えます。

ネット注文で手紙が付けられない場合は、注文後~届く直前に電話などで連絡をして、母の日のプレゼントを注文したことといつもありがとうという感謝の言葉を伝えましょう。

荷物だけが突然届くとそっけない感じを与えてしまいがちです。

喜ばれるプレゼントを義理母へ贈ろう

嫁がプレゼントで義理母を喜ばせることはなかなか難しいことです。日頃から良い関係を築けていることが前提です。プレゼントだけで得点を稼ぐことはできません。

良い関係が築けていないのに、プレゼントを贈るだけで「気がきく」とか「いい嫁だ」なんて評価はもらえません。

正直なところ私の義理の母は姑としてはかなり嫁に優しいタイプの人です。結婚して6年になりますが、意地悪を言われたこともないですし、ぞんざいな扱いを受けたこともありません。自分はこんなお義母さんで本当にラッキーだったなと思います。

近くに住んでいるので、月に1~2回は夫の実家に顔を見せに行きますが、それでも義理母の好みや本心を知ることは難しいです。

最初の3年くらいは母の日にお花を贈りました。でも、何色の花が好きなのか、どんなアレンジが良いか、本当に喜んでくれているか全くわかりませんでした。

自分の母親ならどんなものが好きか、今何が欲しいかなんとなくわかるのに、夫の母親のことは全くわからないものです。最近になって義理母がどんな物を使っているか、身に着けているかがわかってきました。

去年の母に日にはパジャマを、誕生日にはスマホ操作のできる手袋をプレゼントしました。

パジャマはどんなものを着ているのかわからなかったので、前もって実家に行った時にチェックしたり、さりげなく聞いてみたりしました。「おばあちゃんが使っていたのをまだ使っている」と言っていたので、チャンスと思いプレゼントしました。

姑との関係も良好で頻繁に顔を合わせていても、プレゼントで喜んでもらうのは大変です。年に1回しか会わなかったり、できれば会いたくないと思っているような関係では、本当に喜んでくれる贈り物を選ぶことは難しいでしょう。

そのような場合は、『無難なもの』『毎年忘れず』に贈るほうが、誤解やトラブルを招きにくいでしょう。せっかく高価なものや時間をかけて選んだものをプレゼントしても、相手が喜んでくれないとかえって不満に感じてしまいます。

私の実の母は、お嫁さんから貰ったプレゼントに対して「ちょっと着れない」とか「使えない」などと可愛げないことを言っています。毎年欠かさず送ってくれることに感謝すべきだと思いますが、実際に母の趣味に合わないものなので、こんな時はやはりお花かお菓子が良いのだと思います。

義理の母をプレゼントで喜ばせるには・・・

日頃から義理母の身につけているものや使っているものをチェックしておく
※実家に泊まるとパジャマや化粧品、洗濯ものや洗顔道具などからどんなものを好んで使っているかよくわかる

・好みがわからない時は、『無難』に『毎年』が一番

・感謝や気遣いのメッセージを添えて

・息子(夫)が選んでくれたものは無条件で嬉しいというケースもある

・義理の姉妹がいて、聞きやすいなら、彼女たちが一番義理母の好みをわかっている

まとめ

義理の母へのプレゼントを何にするかまだ悩んでいますか?

そこまで悩むということは、まだ義理母の好みがわかっていないということかもしれません。

無理にアイデアを絞り出さなくても、お花やお菓子にメッセージカードをつけて贈れば間違いなしです。

次に夫の実家を訪問した際には、義理母の身の回りのものや、不足しているものが無いかチェックして、次の誕生日や母の日に何をあげたら良いかイメージしてみて下さいね。

相手のことを知ることから始めてみましょう。

スポンサーリンク

-年中行事
-,

Copyright© 日々のはてなに答えるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。