年中行事

端午の節句の兜はどちらの親が買うべき?こどもの日の意味は?

投稿日:


5月5日はこどもの日、江戸時代から伝わる端午の節句ですね。

男の子が生まれると、端午の節句に飾る五月人形や鯉のぼりをどうやって用意しようか考えなければなりません。

地域や家庭のしきたり、時代背景の違いもあり、両親や義両親と意見が合わない場合もあります。

購入前にしっかりとお互いの言い分を確認し、納得したうえで我が子の健やかな成長を願う端午の節句のお飾りを用意しましょう。

スポンサーリンク
  

端午の節句の兜はどちらの親が買うべき?

長男が生まれて、3月~4月くらいになると端午の節句の五月人形や鯉のぼりを購入するかどうか考え始めます。

古くからの風習では、端午の節句の内飾りや外飾りは嫁側の親が用意するというのが一般的です。

内飾りは鎧や兜飾り、子供大将飾り、外飾りは鯉のぼりや武者のぼりのことです。

鎧や兜は我が子の厄を受けて病気やけがから身を守ってくれるといわれ、鯉のぼりは我が子が立派に成長し出世するようにと願いを込めるものです。

端午の節句の飾りを誰が買うかは地域や家庭によって認識が違います。基本的にはご主人方の習慣に合わせるのが一般的です。

五月人形は誰が買う北海道編

北海道ではひな人形は嫁側、五月人形は夫側という声が多いです。

とはいえ、あまり風習や格式にこだわらない気質の人が多いので、両親からはこどもの日のお小遣いとしてお祝いをもらったり、夫婦と子供だけでお祝いしたりするだけの場合もあります。

北海道では結婚式は会費制ですし、結納をした人も身近にいません。このように、北海道ではあまり盛大なお祝いをする風習がないように思います。

五月人形は誰が買う九州編

九州の方ではひな人形も五月人形も鯉のぼりも全て嫁側の親が用意するそうです。

古くからのしきたりどおり、夫側の親が祝いの席を設け親戚一同を招待し、嫁側の親は飾りものを用意するというご家族もいます。

五月人形は誰が買う関東編

関東では一般的にひな人形は嫁側、五月人形は夫側と言われています。男の子は後継ぎだから夫側の実家がそろえるというならわしです。

スポンサーリンク

五月人形は誰が買う関西編

関西ではひな人形も五月人形も全て嫁側の実家がそろえるのが一般的です。

以上が今まで一般的と言われてきた風習ですが、現代の日本人は結婚相手も遠い地域の人だったり、核家族化が進み両親と離れて暮らしていたりするため、初節句の祝い方もそれぞれの家族に合ったやり方で行われることが多くなりました。

賃貸住宅に住む若い夫婦にとってはあまり立派すぎる飾りや外に飾る鯉のぼりなどは取り扱いに困ります。

ゴールデンウィーク中ですので、遠い地方の実家から両親に来てもらうのも混雑して大変です。

我が子の健やかな成長を願う気持ちは今も昔も変わりませんが、昔からのやり方で初節句を祝うことはなかなか難しい時代になってきています。

こどもの日である端午の節句の意味って?

端午の節句のお祝いには後継ぎとなる男児の誕生を喜び、健やかな成長と立身出世を願う親と祖父母の温かい心が込められています。

小さな赤ちゃんを家族みんなで守り、応援していこうという素晴らしい風習だと思います。

しかし、祝いの席や五月飾りなどにお金もかかり、地域や家系などで風習も違うことから、お互いの理解不足が原因で家族間で気まずくなってしまうこともあります。

その地域や家庭にとってみれば当たり前のことでも、他の家庭では聞いたこともない習慣かもしれません。自分たちの価値観を押し付けるのではなく、お互いを理解し合った上で、どのようなお祝いをするかよく話し合う必要があります。

鎧や兜を購入するにしても、毎年端午の節句に飾ってお祝いするものですから、飾る場所や保管場所があるか、夫婦の住居に見合ったものか、しっかりと確認してから購入すべきです。

まずは夫側の実家に伺いを立て、夫婦間で相談し、嫁側の実家の習慣と照らし合わせて双方が納得できる形を模索しましょう。

基本的には夫側の実家に合わせるということで良いでしょうが、嫁側の実家が金銭面で負担が大きすぎるような場合には、両実家が気まずくならないように夫婦が気を利かせてお祝いを辞退するか折半して飾りを購入するなどの案を提示しましょう。

まとめ

男の子の初節句はその時になって当事者になってみないとわからない事情があります。

多くの人が子どもが0歳児の時に端午の節句のお祝いをしますが、まだ出産後間もない状況で1か月も前からお祝いのために両親間のやり取りを仲介したり、飾りや食事の手配をしたりすることは本当に大変です。

100日のお食い初めやお宮参りなどもあり、何かと忙しい時期と重なります。

両実家の気持ちも酌みながらも、あまり無理をしすぎず、夫婦が望む初節句を迎えられることが大切だと思います。

スポンサーリンク

-年中行事
-

Copyright© 日々のはてなに答えるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。