年中行事

初節句に男の子のお祝いは何する?食事と衣装は?

投稿日:


待望の我が子が生まれてきて1歳にもならないうちに、5月5日端午の節句がやってきます。

息子の健やかな成長を願って、生まれてきてくれた喜びを込めて、家族みんなでお祝いできるといいですね。

それぞれの家族のやり方で、夫婦だけでも、両祖父母を交えても、親戚も集まったり、地域や家庭で色々な形があります。

参考までに、一つの例をご紹介します。

スポンサーリンク
  

初節句に男の子のお祝いは何する?

私の場合女ですから、記憶に残っているのはひな祭りで、ガラスケースのひな人形を両親が毎年飾ってくれて、ちらしずしやひなあられを食べたり、ひな祭りの歌を歌ったり、おめかししてひな人形の前で写真を撮ってもらったというものです。

ひな祭りのお祝いは両親が私の存在をお祝いしてくれていると感じました。楽しくて、嬉しかった思い出です。

男の子の日はひな祭りのような華やかさはないかもしれませんが、空高く舞う鯉のぼりや、重厚に光る武者鎧などは迫力がありますよね。

現代では、住宅事情や家族構成により各家庭によって五月飾りやお祝いの仕方も様々です。

初節句はまだ赤ちゃんなので覚えていることはないでしょうが、生まれてきてくれた我が子の健やかな成長を願って、家族でささやかでもお祝いしましょう。

まずはじめに考えることは、どんな五月飾りを購入するかです。

次に、自宅で両親を招いてお祝いするか、義実家でお祝いするか、外食するか、または夫婦と子供だけでお祝いするかを夫婦で相談して決めましょう。

飾りものは多くの人が3月末から4月にかけて購入するので、遅くなると品薄になってきます。

五月飾りは、ネット通販でも買えますし、人形専門店や大型スーパーのおもちゃ売り場などで販売されています。

しっかりとした人形や兜を選ぶなら、3万円~30万円くらいでしょう。あまり飾る場所がなかったり、家の雰囲気に合わないような場合、タペストリーやちりめん細工のように布で作られた五月飾りも非常にたくさん出回っています。

スポンサーリンク

兜や鎧は厄を受けて病気やけがから子どもを守ってくれると言い伝えられています。鯉のぼりは立身出世を願うものですから両方あると最高ですが、どちらかでも良いと思います。

できれば我が子にも立派な五月飾りと鯉のぼりを用意してあげたいけれど、予算や場所を考えて断念しなければならないこともありますよね。

でも、子供を案ずる気持ちや愛する気持ちは同じです。どんな飾りを用意するにせよ、毎年飾ってお祝いしてあげることが、子供にとっては自分の存在を認められている、愛されているという安心につながります。

初節句には、五月飾りを用意して、家族みんなでお祝いの食事と記念撮影をしましょう。

初節句に男の子のお祝いの食事は?

お祝いの食事はちらしずしや手巻きずしにお赤飯、ちまきや筍ご飯を作るか、仕出しなどを取ってもよいでしょう。

よくつかわれる縁起の良い食材は、鯛(タイ)や鰹(カツオ)、鰤(ブリ)や海老、筍やレンコンなどです。

まだ子どもが小さくて家事もままならないようなら、お料理は注文して、サラダやフルーツなど簡単なものだけ用意すると楽ちんです。

余裕があれば、お吸い物または茶碗蒸しもおススメです。

端午の節句ですから、柏餅もあるといいですね。

全てを自分で用意することはかなり大変なので、お店に任せられるところは任せましょう。お祝い用のお弁当でもいいと思いますよ。

初節句に男の子のお祝いの衣装は?

子どもはまだ小さいですが、せっかくなので端午の節句らしい衣装を用意しましょう。

これはやはりネット通販が一番品揃えが良いです。

袴タイプのロンパースや陣羽織、金太郎などが人気です。

陣羽織は普段着の上に着せるという人が多いようです。

あとは、大きい紙で作った兜やはちまきをするとますます雰囲気が出ますね。

金太郎はおむつ1枚に金太郎腹掛なので、好みが分かれるところです。

五月飾りと一緒に、じじばばと一緒に、親子で一緒に写真を撮って記念に残しましょう。

今までの写真を交えてアルバムやフォトブックにして、ご両親にプレゼントしても喜ばれます。

まとめ

初節句のお祝いは毎年来るこどもの日のお祝いとは少し違います。

端午の節句のお祝いは家族みんなが、子供の誕生を喜び、怪我や病気をしないで元気に逞しく育ってほしいという願いの形です。

子どもが大きくなるにつれ、ご馳走は子どもの好きなものになり、ゴールデンウィークで家族旅行に行くなど、楽しいイベントの日になっていきます。

初節句だけは、子どもが喜ばなくても、大人達が祝いの席をもうけ、生まれてきてくれたことを大いに喜び、新しい人生を応援する、門出のような日なのです。

スポンサーリンク

-年中行事
-

Copyright© 日々のはてなに答えるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。