北海道

とうもろこしは電子レンジで皮付きで♪塩味はどうする?

投稿日:

とうもろこしを電子レンジで調理する時、皮をむくか皮付きでチンするか迷っていますか?

最近母がテレビで見たとか言って、皮が全部付いたまま電子レンジで調理してくれました。

調べてみたら結構前から色々な番組で放送されてきた方法のようです。

せっかくなのでその手順と感想をレポートします。

スポンサーリンク

とうもろこしは電子レンジで皮付きが美味しい!

まず第一に、電子レンジ調理したとうもろこしはかなり美味しいです

我が家のように3人家族で2本くらいずつ調理したいなんて場合には電子レンジ調理はとっても便利です。

しかも、とうもろこしの旬は『真夏!』ですので、できる限りお湯は沸かしたくありません。

私は今までは薄皮を1枚残して、水洗いして、ラップでピッチリと包んで600Wで5分(2本なら10分)加熱して食べていました。

今回、母がつくって見せてくれたのは1枚も皮をむかないとうもろこしの電子レンジ調理でした。

【手順1】とうもろこしを電子レンジに入れる

【手順2】600Wで7分チンする(2本なら14分だけど1本ずつやったほうがムラがないかも)

電子レンジ加熱しても、見た目は生とあまり変わらず

【手順3】茎の方を包丁でカット

茎から2cm辺りをカット

【手順4】ひげのところを持って振ると、皮がスルッと取れる。完成(^^)

【味の感想】ラップをしないでチンするから、うまく蒸しあがらないのではと思いましたが、そんなことはありませんでした。

スポンサーリンク

ラップをしてチンする時より多少時間はかかりましたが、皮が水分を調節するのでとうもろこしの表面はしなびることもなく、ラップの時のように蒸気でべしょべしょになることもなく、なかなかいい感じです。

しっかりと加熱されているし、甘味もあり、皮をむくのも簡単なので、今後はこの方法で調理しようと思いました。

【注意点】皮ごと調理するので、泥や汚れが付いているようなとうもろこしの場合はあまりおすすめしません。

すぐに食べない時は、皮をむいたらラップに包みましょう。そのまま置いておくとシワシワのとうもろこしになってしまいます。これは茹でた時も同じです。

とうもろこしは朝収穫されてから、分刻みで糖度が落ちていくそうです。買ってきたらできるだけ早く調理しましょう。

とうもろこしを電子レンジで調理したら塩味はどうする?

電子レンジで加熱した時の味付けはどうしたら良いでしょうか?

これはとうもろこしの状態や、食べる人の好みによると思います。

今回私が食べたとうもろこしは、とっても甘くてみずみずしく、塩なしで食べても100点満点でした

もしも塩味が欲しいなら50cc位の水に小さじ2/1位の塩を溶かして転がすか、表面に湿気があるなら軽く塩を振って下さい。

焼きトウモロコシが好きなら醤油を塗って表面を焼いても良いでしょう。

まとめ

とうもろこしは缶詰や冷凍食品などで1年中食べられますが、生から調理して食べるとうもろこしは旬の夏だけです。

栄養価も豊富なので夏バテしやすい時期にももってこいですね。

電子レンジで調理できるなら、一人暮らしでも、暑い夏でも、疲れていても簡単に作ることができます。

旬の農作物を食べて、元気になりましょう!

関連記事:とうもろこしの美味しい茹で方は?電子レンジやフライパンでは?
北海道でとうもろこし狩りをしよう!収穫体験プランはこちら!
     北海道産とうもろこしの旬は?美味しい見分け方。どこで買える?

スポンサーリンク

-北海道
-

Copyright© 日々のはてなに答えるサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。